1.12 将棋タイトル戦とスポンサー一覧 (2019年2月)

1. 将棋とは

将棋タイトル戦とスポンサー一覧

将棋の棋戦はスポンサーがいることで成り立っている。
長らく七大タイトルだったのが、叡王戦が棋戦からタイトル戦となり八大タイトルとなったのは2017年度からのこと。棋戦を直接応援できないので株を買ってスポンサーを応援しよう。
中には株主優待がある銘柄もあるので、投資以外でも楽しめる。桐谷広人七段(桐谷さん)は、これらの銘柄は全部持ってるのかな?

 表記会社名銘柄コード単位株
取得価額
株主優待
竜王戦主催読売新聞日本テレビホールディングス9404約18万円 
 特別協賛野村証券野村ホールディングス8604約4万5千円
 協賛東急グループ東京急行電鉄9005約20万円
  meiji明治ホールディングス2269約90万円
名人戦主催毎日新聞   
  朝日新聞テレビ朝日ホールディングス9409約20万円
 協賛大和証券グループ大和証券グループ本社8601約6万円
叡王戦主催dwangoカドカワ9468約12万円
王位戦主催北海道新聞    
 (新聞三社連合)東京新聞    
  中日新聞中部日本放送9402約7万円 
  神戸新聞    
  徳島新聞社    
  西日本新聞    
王座戦主催日本経済新聞テレビ東京ホールディングス9413約25万円 
棋王戦主催共同新聞社    
大阪王将杯
王将戦
主催スポニチ    
  毎日新聞    
 特別協賛大阪王将イートアンド2882約17万円 
 協賛囲碁・将棋チャンネル    
ヒューリック杯
棋聖戦
主催産経新聞フジ・メディア・HD4676約17万円 
 協賛HULICヒューリック3003約10万円

上記の銘柄を単元株だけ買っても250万円ぐらい必要となる。
将棋応援ファンド(投信)ができれば迷わず買うだろうなと思う。
あるいはテーマ投資でも良いかもしれない。
優待で将棋関連の何かが入れば必ず買うと思う。なお、カドカワ持ってますが叡王戦関連の優待は入ってません。ヒューリックは今後期待。

私はデイトレイダーじゃないので買ったら寝かせておきます。
そのため一番重視しているのは配当率です。配当だけで暮らせるほど持ってませんが。




ブログランキング ぽちっとお願いします

広告
1. 将棋とは
Advertisements
将棋上達の心構え

コメント