3.4 実戦から次の一手 相金無双の駒組み

3. 実戦からの課題

相振り飛車は序盤から油断できない

相振り飛車にも定跡形はあるものの、未だ手探りの面も多いと思う。
プロの対局でほとんど見ることが無い「相金無双」は、アマチュア同士であれば出現することもある。

次の局面から次の一手です。
実戦では私が先手で相手が後手です。この局面で後手はどのように指すべきでしょうか?
(見やすいように先後反転しています。)

考え方

  1. 端歩や端香で様子を見る。ただし、いずれ飽和する。
  2. 後手なので無理に仕掛けなくても良い。

失敗しない駒組をする

この局面では、隙を見せない駒組みを優先する必要があるでしょう。
本譜で相手が指した手は疑問手になりえるものでした。

果たしてその手は・・・

振り飛車における守り駒

(図は同じ局面です。後手から見た局面と先手から見た局面を並べています。)

ここで後手が指した手は、△5四歩でした。
一見、なんでもないように思えるのですが、良い手とはいえないでしょう。

なぜなら、金無双における玉左斜め上の2枚の歩は「囲いの一部」だからです。
自分から屋根の一部を剥がしています。この後、△5五歩と位を取ろうという構想かもしれませんが、振り飛車党っぽくない考え方です。
玉を固くして戦うのが振り飛車の考えなので、金無双が固いかどうかは議論の余地はありますが、自分から形を崩す必要は無いでしょう。

では、代わりに何を指せば良いのか?

いやー、分かりません(笑)

△4三金 あたりでしょうか?
(端歩、端香以外の手ということであれば)

振り飛車は油断できない

振り飛車は玉を囲うのに手数がかかりません。
その代わり、その後はかなり気を使って指さなければなりません。序盤から集中して指しましょう。ぼーっと指していると痛い目にあいます。

 

ブログランキング ぽちっとお願いします

広告
3. 実戦からの課題
Advertisements
将棋上達の心構え

コメント