2019.4.28 『大山康晴全集』発売記念イベント

7. イベント

マイナビブックスから発売されている 大山康晴全集 プレミアムブックス版 の特別イベントに行ってきました。
藤井猛九段と里見香奈女流四冠が大山将棋について語るという超硬派なイベントです。ほぼ完全に指す人向けです。イベントというか勉強会ですね。

イベント内容

『大山康晴全集』発売記念イベント
藤井猛九段が大山将棋を語る発売記念イベントです。聞き手は里見香奈女流四冠です。
日時:2019年4月28日(日)17:00~19:00
場所:パレスサイドビル2F マイナビルームS(東京都・東西線竹橋駅直結
イベント内容:
(1)両先生のご紹介、ご挨拶、大山康晴全集について
(2)藤井猛九段が選ぶ珠玉の大山将棋
1局目:平成2年1月10日 第48期A級順位戦 ▲高橋道雄―△大山康晴
2局目:昭和58年3月8日 第41期名人挑戦者決定リーグ ▲大山康晴ー△二上達也
(3)休憩
(4)里見香奈女流四冠が選ぶ珠玉の大山将棋
昭和47年4月18,19日 第31期名人戦第2局 ▲中原誠―△大山康晴
(5)トークタイム(質問コーナー)

オープニング

振り飛車党なら誰でも大山康晴の棋譜を並べていると思いきや、奨励会時代の藤井猛はどうやら大山康晴の棋譜には興味がなかった模様。

「当時は尖ってたからね。尊敬なんてしてないですよ。大山全集が出ても興味無くてね。しかも高いでしょ。プロなりたてでお金もないし、でも丸山四段は直ぐに買ってたんですよ。一局勝てば元取れるじゃないかと。で薦めてくれて買ったんですよ。これが無かったら今の私は無いですね。難しくて分からないんですけど、並べてみてプロの深さを知りました。でもね、全部の棋譜は並べてないですよ。」

というような軽妙なトークによるオープニングで始まります。

二つのタイトル戦で並行して戦う里見香奈女流四段、藤井節に笑顔です。

大盤解説

藤井猛セレクションの大山康晴十五世名人の対局です。
平成2年1月10日 第48期A級順位戦 ▲高橋道雄―△大山康晴
「なぜこの対局を選ばれたのですか?」(里見)の質問に対して手渡された一枚の棋譜用紙。


「分かりました。記録にお名前がありますね」

「唯一記録を取った大山先生の対局ですね。当時の高橋八段は強くて、当然、高橋八段が勝つと思って記録を取っていました」

「大山先生は精密機械と言われてましたね。コンピューターですよ。とにかく指し手が正確なんです。終盤が2回あるとも言われていて平均手数は200手ぐらいだったんじゃないですか?」
など、大山先生にまつわるエピソードなども交えて大盤で解説を行います。
この将棋は先手 高橋八段の居飛車穴熊に対して、後手 大山十五世名人が振り飛車で対抗するという将棋で、後手は馬を飛車の封じ込めに使って勝ち切るという内容です。

トークタイム

「プロでも居飛車党の人がこぞって買ってましたね。振り飛車に勝った棋譜を研究するんですよね。」
その他、観客からの質問に答える形で30分ほどトークタイムが設けられました。
もちろん、藤井節は止まることなく愉快な話が繰り広げられます。

(藤井猛九段)
・中原先生の将棋を勉強したいと思い、将棋年間から10年分コピーして1年掛けて並べた
・プロになるような人は、序盤工夫しないままプロになるから振り飛車を指すなどの工夫をすることが無いから、プロになっても振り飛車ささない
・有名な対局じゃなくても光る対局というのがあるから全集を持っていると良い
・強い人の昔の将棋を指すと良いのがある
>>>藤井七段は最高に強いね。あの藤井七段じゃないよ。竜王になる直前の藤井七段。落ち着いた将棋で、力をためて爆発させるから、あれは強い。

(里見香奈女流四冠)
・私が子供の頃、藤井竜王が出雲にいらっしゃって「どうしたら将棋を強くなりますか?」と質問させて頂いて「自分より飛車一枚強いぐらいの人と指すと良いよ」とアドバイス頂きました。
>>>「ええっ!!あの時居たの?いやー覚えてないなぁ。私が弱いから、このエピソード今まで言ってなかったの?(笑)」
>2000年出雲市での将棋の日の際の出来事のようです。

動画録画されており、どこかで見られるようになると思いますので内容についてはこの辺りで。

二人による3局解説+トークですから、1万円ぐらいの価値はあります。
藤井九段の話は面白いし、大盤以外の話も勉強になるし、多忙な里見さんの笑顔も見れたし大満足です。

マイナビさん、ありがとうございます!

ブログランキング ぽちっとお願いします

広告
7. イベント
Advertisements
将棋上達の心構え

コメント