経験

2. 棋力の向上

2.10 初級者向け「次の一手」はどうあるべきか

初級者向けの次の一手を考える 「次の一手」って、基本的に難しいですよね。 いきなり局面を見せつけられて、良い手がある!と言われても、いや―こんな将棋自分では指さないし、と思ってしまいます。いつだったか渡部...
2. 棋力の向上

2.3 自分の棋風を知る

自分の棋風 棋風とは個性。その人が何を考えどのように判断してい着手をしているのかの総体で、価値観のようなもの。年数を経ると変わることもあるし、意図的に変える(棋風改造)こともある。まずは今、現時点での棋風を知ろう。どうすれば良いのだろ...
0. はじめに

0.2 私の棋風

棋風はいつ決まる? 影響を受けた棋士? 基礎を習わず分からないままソフトと指し続けた結果、私の棋風が形作られた。ソフトは隙あらば攻めてくる。それを受け止め、なるべく長く指せるように粘る。つまりは「受け」だ。私の将棋は、誰から教わるで...
0. はじめに

0.1 将棋に関わるという悲劇

将棋は悲劇だ はじめに 30代半ばに将棋を指してみようと思ってしまうという、大きな過ちを犯してしまった私。とても気軽に考えていたのは最初だけで、事の重大さに気が付いた時には手遅れで、既に抜け出せない状態になっていた。将棋は面白い。観...
Advertisements